明日は飛行機でプーケットを出発しバンコクに戻ります。そのために、空港までのタクシーを探さなければいけません。ホテルでも送迎はやってくれるけれど、料金は1000Bでした。たしか旅行代理店の料金で安いところは700~800Bくらいじゃなかったかなということで、他で探してみることにしました。

パトンt地区のナナイロード付近でタクシー送迎をしているところを探してみました。ここナナイロードはパトンビーチから歩いて20分くらいのところですが、バイクがないと不便なところです。確かにビーチの騒がしさはなく落ち着いていますが、ちょっと寂しいところでもあります。

RIMG07091
スーパーなどはちゃんとあります。

RIMG07101
ナナイロード付近のさびれたスーパー

さて、ホテル付近を暑い中、散策しました。小さな旅行代理店などが空港までの送迎の看板を出していますが、レストランなどでも出しています。これは車を持っている人が勝手に旅行客相手にやっているんだな、と感じました。

バンコクからプーケットに来た時、プーケットの空港からプーケットタウンまでのタクシー料金は400Bでしたので、だいたいこのくらいにならないかな、ということで探してみました。しかし、甘かった。

スポンサードリンク

タクシー送迎の料金を見てみると。どこも700Bでした。人に聞いてみてもやっぱり700B。700Bというのが、この地区の相場のようです。プーケットの空港からプーケットタウンまでのタクシー料金は400Bでしたので、来た時のほうが安いということになります。パトンとプーケットタウン、空港までの距離はそんなに違わないはずなのに、行きと帰りでは料金が違う。ふつう、距離が同じなら、行きも帰りも同じ料金と考えるものですが、そうじゃないのがプーケットのルールなんでしょう。「行きはよいよい帰りは怖い」じゃないですが、そんな感じで面白いなと思いました。

ちょっとナナイ・ロード沿いのレストランで休憩しました。僕は、プーケット風パッタイを食べました。幅広い麺を期待していたのですが、日本の焼きそばの黄色い麺で期待はずれ・・・だったと思いきや、麺が太くてなかなか美味しかった。


なかなか美味しかったプーケット風パッタイ

RIMG07081
いなかの一角といった感じです。ここはのんびり長期滞在向きでしょう。
暑さに負けず元気にタクシー送迎を探す僕らです。

こんなタクシー事情なら、僕は、個人交渉しかないな、と思い、道端でTシャツを売っているおばちゃんに、「プーケットの空港までタクシーやっている?」と聞いてみました。そしたら「やってるよ」とのこと。料金を聞いたらやっぱり700Bでした。そこで値段交渉をしてみると600Bでオッケーとのこと。僕はこれに決めて、明日、迎えに来てもらう時間をホテルの名刺に書いて渡しました。また、来てくれる日を間違っちゃいけないので「Tomorrow」と「10AM」を何度も彼女に言って確認しました。

ひと仕事終えた僕は、ほっとしましたが、それがすぐに、ちゃんと時間通り迎えに来てくれるかな、という心配に変わりました。個人旅行は交渉とかが面白いのですが神経も使っちゃうってものありますね。こういうことが面倒な場合は、ホテルや旅行代理店に送迎を頼んじゃうのがいいですね。

さて、このあとは、またジャンクセイロンへ行っておみやげを買いましょ~~う!!

つづく。

スポンサードリンク